高橋佳子講演会公式サイト

応援メッセージ2008

高橋佳子氏の「魂の学」に共感しますー講演会開催によせて

03_ph01麻生武志さん 
(東京医科歯科大学名誉教授・産婦人科医)
更年期医療の第一人者、日本更年期医学会前理事長。医学教育、抗加齢医学等にも多大に貢献。
先端化・専門化が急速に進行している今日の医学・医療によって多くの新たな知見が得られ、それらを基盤とした診断・治療が多くの人命を救い、苦しみへの癒しをもたらしています。
しかし救われた命、癒された苦しみの質と内容を評価するとき、現代医学・医療が直面している大きな課題も明白となっています。 この課題には医療を提供する側と受ける側の双方が「人としてのあり方・生き方」を真摯に希求して取り組まなければなりません。
一人ひとりの魂の甦りにより「内なる力の活性化」を目指す、高橋佳子氏を中心に実践・展開されているTL人間学(魂の学)にその指針を見出すことができると考えます。
03_ph02古賀憲介さん
(日新製鋼元会長兼社長)
新日本製鐵副社長時代は、中国宝山製鉄所建設に尽力。現在は日中東北開発協会の特別顧問(元会長)。
私はいつも高橋先生のお言葉に秘められた魂から魂への呼びかけに感動し、春の陽光を全身に浴びたようなぬくもりの中で、自らの生き方を考えさせられてきました。先生のお言葉には、人間に対する愛情のこもった呼びかけが秘められています。
私は中国との経済交流にも携わってきましたが、先生のように「人間を魂と見る温かいまなざし」に立って理解し合い、歓び合える未来を創るために中国と関わってゆきたいと思っています。
現実の意味を深くとらえ、全く新しい解決に導かれる先生のお智慧をぜひ多くの方に知っていただきたいと思います。
03_ph03日江井榮二郎さん
(東京大学名誉教授・国立天文台名誉教授)
太陽物理学の第一人者として、長年、乗鞍コロナ観測所等で太陽の研究・観測に従事。
ビッグバンの光が宇宙を照らし、銀河・星・太陽・地球を生んだ。太陽の光を受け、地球には多様な生き物が宿り、躍動する緑の大地が生まれた。
今、太陽は23歳。この若い太陽のもとに生を享けている恩寵を誰に感謝したらいいのだろう。
太陽のごとく、高橋先生は心身を賭して真理の光を伝え、人々を菩薩への途に誘われている。先生によって、一人ひとりの菩提心が発掘され、運命の方程式が解かれて魂の願いを生き始める人が世界に広がってゆく。先生にお会いできる恩寵を感じずにはいられない。

講演会お問い合わせ専用ダイヤル TEL 03-5828-1587 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 高橋佳子講演会実行委員会 All Rights Reserved.